スポンサーサイト

  • 2008.04.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


◇38・《 江戸時代の剣豪小説(12) 》

正義も悪もない! 狙うは敵の首のみ


宮城賢秀
用心棒稼業
血の報酬
双葉文庫
2004年2月20日出版
(2001年3月徳間書店出版の文庫化作品)


用心棒稼業 血の報償
用心棒稼業 血の報償宮城 賢秀


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★★☆☆☆


「作家」

 出版した本は、100冊を越える宮城賢秀。ベテラン作家の少ない時代小説作家では、貴重な存在となっています。また、宮城賢秀は、長い作家活動の中でオリジナル性の高い作風を確立しており、宮城賢秀に代わりになる作家はいないといってもいいくらいです。


「あらすじ」

 浪人片岡俊蔵は、剣の腕を買われ商人の用心棒として勤めることになった。腕を買った商人には、ライバルがおり、用心棒を使った暗殺を計画するするまでにその争いが激化していたのだった。しかし、その争いには黒幕がおり、用心棒も捨て駒だということに俊蔵は、気付いていなかった。


「感想」

 本作も主人公は強いし、斬りあいも多い。まさに、宮城賢秀といった作品でした。自分は、あまり斬りあいのシーンは、好きではないのですが、宮城賢秀は別格。主人公が敵をバッタバッタとなぎ倒し、まるで、テレビの時代劇のような爽快感あります。一度はまったら辞められません。

◇37・《 江戸時代の剣豪小説(11) 》

剣客大河小説が今始まる


宮城賢秀
近衛前久隠密帳
ハルキ文庫(時代小説文庫)
2003年6月18日出版


近衛前久隠密帳
近衛前久隠密帳宮城 賢秀


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★★☆☆☆


「作家」

 宮城賢秀は、数々の出版社で本を出していますが、最近特に目立つのがハルキ文庫と学研M文庫です。新たな書き下ろし作品を出してくれることもあるのですが、今では絶版になった昔の宮城作品が再版されてもいます。にわかファンの自分は、もう読めないというような作品が再版されることが何より嬉しいことです。なにせ、絶版になった時代小説を手に入れることは、無理といってもいいくらい困難なことですから、角川春樹事務所と学研には、感謝しないといけません。


「あらすじ」

 時は戦国、将軍足利義輝が三好長慶や松永久秀と熾烈な争いを繰り広げていた時代。山賊に襲われた関白・近衛前久を、親子の剣客、赤木一心斎と赤木右近に命を救われる。剣の腕を見込んだ近衛は、親子を食客として迎え入れ、護衛や情報収集などを命じるのだった。
 戦乱と陰謀が渦巻く戦国時代の京都。関白・近衛前久と赤木親子が時代に翻弄されていく。


「感想」

 戦国時代を題材にした小説は、数限りなくありますが京都が舞台。それも、将軍や松永久秀が主人公でない本は初めて。新鮮な気分を読むことができました。また、本書は、シリーズ化をして本作以降も続いていくそうです。これから、織田信長や豊臣秀吉が登場して、どんな物語になっていくのか、続編を読むのが楽しみです。

◇18・《 江戸時代の剣豪小説(3) 》

シリーズ第3弾の舞台は近江と江戸

宮城賢秀
裏お庭番探索控 3
斬殺指令
光文社文庫
2000年11月20日出版

★★☆☆☆


「作家」


 宮城賢秀は、日本文芸クラブの理事になるなど、現在時代小説界の大物として大活躍。しかし、作家になる前は十数回も転職するなど苦労をしたそうです。以前、編集者や新聞記者出身の作家が多いとご紹介しましたが、宮城賢秀のように苦労して作家になったという人も多く、社会勉強も時代小説作家には必要みたいです。



「あらすじ」

 突然、大津代官の江戸屋敷が襲撃された。その知らせを聞いた将軍家斉は、さっそく北条左近に調査と、抹殺の指令を出す。
 調査に乗り出した左近は、偽無尽をたくらむ、細谷俊蔵という浪人が事件を起こしたのだと突き止めた。だが、細谷は小物。事件はさらなる大物の影がチラつくのだった。



「感想」


 本作で、3巻目となる「裏お庭番探索控」シリーズ、今度の北条左近の敵は、謎の詐欺集団とそれを率いる大大名。敵がだんだん強大になるのに、主人公は、一向に苦戦しません。忍者だろうが浪人だろうが。10人に囲まれようが、20人に囲まれようが全然平気。北条左近は、時代小説最強のキャラクターではないかと3巻を読んで思ってしまいました。左近が殺した人数は、とてもじゃないですが数えられませんでした。

◇3・《 江戸時代の剣豪小説(2) 》

HIORが読み終えた時代小説をご紹介するブログ。
2日目となる今回お送りするのは、
昨日ご紹介した小説の2巻です。

宮城賢秀
裏お庭番探索控二 将軍暗殺
光文社文庫
2000年8月20日出版

★★☆☆☆



「作家」

 宮城賢秀の出身地は沖縄県。いろいろな作家の本を読んでいますが、沖縄出身の作家は初めてです。沖縄出身だからといって文法やストーリーは、他の作家と変わるわけではありませんが、武器や小道具などで沖縄の特徴が出ていて面白いです。
他の作家さんでも物語を読んで出身地が分かることがあります。その辺に気をつけて時代小説を読んでみても面白いかもしれません。


「あらすじ」

 北条左近が主人公の裏お庭番シリーズ第2弾。左近の今度の敵は、忍者集団と将軍暗殺を狙う武士たち。
 押し込み事件が発生。左近は町奉行所の頼みを受け捜査に乗り出す。そのとき左近は、実兄水野出羽守の命令でとある大名を探索していたのだが、2つの事件が複雑に絡み合っていたことを探り出した。


「感想・解説」

 宮城賢秀の小説には1つの特徴があります。それは、濡れ場シーンがリアルなこと。時代小説冬時代の文庫書き下ろしには、よくあったのですが濡れ場シーンで注目を集めようとしていたのです。その代表作家が峰隆一郎で、濡れ場シーンの多さでは宮城賢秀の遥か上。とてもじゃないですけど峰隆一郎の本は、お子様には読ませられない内容でした。「将軍暗殺」もそこまでいきませんが結構きわどいシーンがあり、ちょっとひいてしまうところもありました。それがいいという方もおられるのかもしれませんが、自分は濡れ場がないほうがいいような気がします。その辺がちょっと残念でした。

◇1・《 江戸時代の剣豪小説(1) 》

 時代小説のブームが到来しているのは本当みたいです。

でも、あまりにも数多くの時代小説が出版されているので、時代小説ファンの自分でさえ把握しきれないくらい。そこで、時代小説を紹介しするブログを作り自分でも分かりやすくしようと考え、HIROこと自分が独断と偏見で選んだ時代小説を感想を交えご紹介したいと思います。
(自分なりの5段階評価も入れさせてもらいます。本購入の参考にしていただければ幸いです)

ちょっとおこがましいタイトルですが、みんなで時代小説に詳しくなっていただければと思っておます。

どうぞ、よろしくお願いします。
(このブログでは作家さんの敬称は省略させていただきます。失礼かもしれませんがすいません)


記念すべき第一回目に紹介する本は、



宮城賢秀
裏お庭番探索控 将軍の密偵
光文社文庫
2000年2月20日出版


★★☆☆☆


「作家」

宮城賢秀といえば、現在時代小説界の主流となる、文庫書き下ろしのパイオニアともいえる作家です。時代小説冬の時代、文庫書き下ろしで活躍されていたのは、宮城賢秀の他、峰隆一郎。後、鳥羽亮がくらいしかいなかったと記憶しています。宮城賢秀がいなかったら今のブームはなかったかもしれません。

今では、100冊を越える本を出版しているみたいですが、自分はまだ、数冊しか読んでいません。このブログでどんどん発表していくことになりそうです。


「あらすじ」

3千石の大旗本でありながらもお庭番として働く北条左近は、時の将軍徳川家斉から探索を命じられた。西本願寺門徒の殺害と海産物問屋への強盗事件の犯人探しが目的だった。左近は、押しかけ弟子の藤吉とともに、自慢の唐剣やヌンチャク振るい謎に迫るが、事件の陰には大きな陰謀が待っていた。


「感想・解説」

主人公の北条左近は、悪名高き水野出羽守の実弟という設定。フィクションの時代小説にも、実在する人物が登場することは間々あることですが、実弟という設定は初めてでした。隠し子という設定は時々見かけられますが、実弟は珍しいです。

また、宮城賢秀の特徴かもしれませんが主人公がむちゃくちゃ強い。忍者や剣客をバッタバッタとなぎ倒します。この本でも7、8人を簡単に倒しています。他の作家ではもう少し苦労するはずなんですが、それほど左近の強さは突出しています。その辺がこの小説の面白さかもしれません。爽快感もありますし。




calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM