スポンサーサイト

  • 2008.04.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


◇30・《 江戸時代の剣豪小説(9) 》

死んだはずの男が死神となって甦る


黒崎裕一郎 
冥府の刺客 1
死神幻十郎
徳間文庫文庫
2001年1月15日出版
(1998年3月廣済堂出版の再文庫化作品)

死神幻十郎―冥府の刺客
死神幻十郎―冥府の刺客黒崎 裕一郎


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★★★☆☆


「作家」


 黒崎裕一郎といえば剣客小説。剣客小説といえば黒崎裕一郎。というようなイメージのある作家です。当ブログでも、黒崎裕一郎の本は、一度紹介しているのですが、そのときには任侠小説。斬りあいのシーンも確かにあったのですが、黒崎裕一郎にしては物足りないものでした。しかし、本書はバッチッバチの剣客物。お腹いっぱいなるまで、斬りあいお楽しめました。


「あらすじ」

 町奉行所同心・神山源十郎は、妻を凌辱した同僚を切り殺してしまった。斬首を命じられた源十郎だったのだが、楽翁と名乗る謎の老人に命を救われ、影目付になることを強要されたのだった。死神幻十郎と名前を改めた源十郎は、なぜ妻が同僚に襲われたのかを調べ始める。事件の陰には、同心時代追っていた麻薬の密売組織と幕府の大物が絡んでいたのだった。


「感想・解説」

 時代小説では、フィクションであるのに関わらず、実在した人物が登場することが多いのですが、本書でも大物が登場しています。それは、松平定信なのですが、かなりアクの強いというか、悪人というか、ともかく濃いキャラとして登場しています。松平定信が出てくる時代小説は数多く読んでいるのですが、好人物だったという記憶がありません。一昔前までは、悪が田沼で正義の定信という図式だったのですが今では、逆になってしまったようです。

◇10・《 江戸時代の任侠小説(1) 》

復活を遂げつつある任侠小説が登場


黒崎裕一郎
渡世人伊三郎
ハルキ文庫(時代小説文庫)
2003年6月18日出版

★★★☆☆


「作家」


 黒崎裕一郎は、文庫書き下ろしを中心に活躍している人気作家の一人。主に剣客物や剣豪小説を書いていて、多数の本を出版しています。今回紹介する作品は、黒崎裕一郎にしては珍しい任侠小説。一時期絶滅しかかったこの分野に最近「佐藤雅美」や「山本一力」などが新しい作品を出版しており、復権の兆しを見て取れます。黒崎裕一郎の活躍次第では、復権が早まるかもしれません。


「あらすじ」

 文字通り天涯孤独な伊三郎は渡世人。しがらみができこと嫌い、常に一人で放浪の旅を続けていた伊三郎だったが、一人の無宿人に声をかけられたことから面倒事に巻き込まれていく。
 弥助と名乗ったその無宿人は、自分には追手がかっかっていることを告白、強力を頼んだのだが伊三郎はそれを拒否。したはずだった。


「感想・解説」

 初めて読む黒崎裕一郎の本だったので、最初は不安だったのですが、内容も少し軽めだったということもありスラスラと読むことができました。これからもどんどん読んでブログで紹介したいと思います。

 任侠小説の主人公は、悪人が多く感情移入しにくいことが多いのですが、伊三郎には共感でき、面白く読むことができました。何もしていないのにどんどん事件に巻き込まれていく伊三郎の不幸な姿はある意味爽快。次の巻が読みたくなるほどでした。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM