スポンサーサイト

  • 2008.04.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


◇76・《 江戸時代の剣豪小説(36) 》

南部藩と津軽藩。決して相容れない2藩の対立が影二郎を巻き込んだ!


佐伯泰英 
夏目影二郎始末旅 6
下忍狩り
光文社文庫
2002年5月20日出版


下忍狩り (光文社文庫)
下忍狩り (光文社文庫)佐伯 泰英


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆

「シリーズ」

田沼意次と松平定信、徳川吉宗と徳川宗春など、江戸時代にはたくさんのライバル関係がありました。また、藩同士のライバル関係も熾烈を極めていたようで、長州藩と薩摩藩は有名です。しかし、一番熾烈な争いを繰り広げていた藩は、南部藩と津軽藩ではないかと思います。

南部藩と津軽藩は、その成り立ちから火種を抱えており、両藩が争うのも仕方のないことなのですが、幕府も争いを煽っていたふしがあります。そのようなこともあって、南部藩と津軽藩との争いは、江戸の町に住む庶民までにも知られるくらいだったようです。

本作は、夏目影二郎が両藩の争いに分け入っていきます。相容れることがない2つの藩。夏目影二郎はどのように収めるのでしょうか?


「あらすじ」

江戸の町で巫女何者かに襲われた。偶然事件に遭遇した夏目影二郎は、事件に南部藩と津軽藩の争いがあるのではないと疑いを持った。事件を知った老中水野忠邦は、影二郎に南部藩と津軽藩を改易できるだけの証拠を掴めとの命令を出した。

命令に不満を感じながらも奥州路を進む影二郎に突然、怪しい忍者集団に襲われるのだった。


「感想」

相変わらず全国を旅しながら壮絶な戦いを繰り広げる影二郎。その移動距離は相当なものになっているはずです。車も電車も自転車すらない江戸時代に、この距離を移動すとは、想像ができません。

しかし、そんな驚異的な影二郎を越える人が江戸時代には実在してました。伊能忠敬や間宮林蔵など、記録に残っている移動だけでも影二郎を遥かに凌駕する距離を移動しています。江戸時代の人々は人間だったのかと疑ってしまうほどです。



◇73・《 江戸時代の剣豪小説(35) 》

普通の若者が復讐の鬼とかす


佐伯泰英 
秘剣 1
秘剣雪割り
悪松・棄郷編
祥伝社文庫
2002年8月1日出版


秘剣雪割り (悪松・棄郷編) (祥伝社文庫)
秘剣雪割り (悪松・棄郷編) (祥伝社文庫)佐伯 泰英


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆

「シリーズ」

秘剣は、佐伯泰英が祥伝社で出版した2つ目のシリーズ。密命シリーズや他の佐伯作品と同じく文庫書下ろしで出されている本です。

主人公は中間の子供で名前は一松。出自は武士ではなくいのですが、大安寺一松弾正と名乗り、浪人を自称しています。佐伯作品の主人公らしく一松は剣の達人。得意の示現流を振るい、敵をバッタバッタとなぎ倒します。

かなり爽快な物語といえるのですが、爽快すぎて佐伯作品しては少し異質な作品といえます。


「あらすじ」

父を殺され、江戸を放逐された一松は、3年間の流浪の末、江戸の町に帰ってきた。元々長身だった一松だが、体にはぎっしりと肉がつき堂々とした体になっていた。

しかも、一松は、流浪の3年間に過酷な修行を積み、薩摩秘伝の示現流の達人となっていたのだ。

「感想」

虐げられた身分の若者が剣術を身につけ立ち上がるという復讐譚であることは確かなのですが、主人公の一松が粗暴すぎて、少し違和感のある物語となってしまっています。

もちろん面白く楽しめる本ではあるのですが、今まで読んだ佐伯作品と赴きが違って少し違和感を感じてしまいました。ただ、シリーズ化しているの何作か読むうちなれてきて、面白くなりそうな物語でした。

◇72・《 江戸時代の剣豪小説(34) 》

単純な事件の裏に大きな陰謀が隠されていた


佐伯泰英 
夏目影二郎始末旅 5
百鬼狩り
光文社文庫
2002年5月20日出版


百鬼狩り (光文社時代小説文庫)
百鬼狩り (光文社時代小説文庫)佐伯 泰英


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆

「シリーズ」

何度もいうようですが、江戸時代の旅は大変だったようです。人の移動を制限したかった幕府や各藩の意向もありましたし、もちろん移動手段が限られていたこもあります。

時代小説では、そのような事情は書かれているのですが、時代小説ではあまり書かれていない理由もあります。それは、方言の問題です。現代と違って江戸時代の方言はかなり強かったようで、藩を移動するだけで、言葉が通じなくなることもあったようです。方言は文章にし難く、ストーリーの妨げにもなりますので「夏目影二郎始末旅」でもあまり書かれていませんが、重要な要素だったことは間違いありません。


「あらすじ」

老中水野忠邦の命を受けた夏目影二郎は、肥前唐津へと向かった。命令の内容は、水野忠邦の昔の女のに関する探索だった。

しかし、唐津では、倭寇の末裔といわれる百鬼水軍と称する集団が暴れまわっていた。しかも、百鬼水軍のウシオには、密貿易をたくらむ権力者と影二郎が捜していた女の影があった。

「感想」

関東平野と山中で戦いを繰り広げた夏目影二郎ですが、今度の舞台は海。船の上での戦いを繰り広げます。

陸・山・海での戦い方は違うはずなのですが、影二郎は自由自在に戦いを繰り広げます。物語といってしまえばそれまでですが、影二郎はありえないくらいの強さ。実際に彼のような剣術家がいれば、人がいなくなってしまいそうです。

◇71・《 江戸時代の剣豪小説(33) 》

金杉親子が共演! 親子鷹が誕生した


佐伯泰英 
密命 7
密命・霜夜炎返し
初陣
祥伝社文庫
2002年9月10日出版


初陣―密命・霜夜炎返し (祥伝社文庫)
初陣―密命・霜夜炎返し (祥伝社文庫)佐伯 泰英


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆

「シリーズ」

以前にもご紹介しましたが、密命が書かれた当初シリーズ化の予定がなったそうで、主人公・金杉惣三郎の年齢が高くなり過ぎていました。しかし、そのアクシデントのお陰で、本作で親子共演となりました。

密命シリーズは、この親子鷹が実現したからこそ物語に厚みができ、一層の面白さを獲得できたのではないかと思います。作者にとっても幸運なことかもしれませんが、読者の我々にとっても最高のアクシデントかもしれません。


「あらすじ」

武士の惰弱さを憂いた8代将軍吉宗は、全国規模の剣術大会を開くことにした。

出場を依頼された金杉惣三郎だったが、諸事情からそれを断り、審判として参加することに。一方、惣三郎の息子・清之助は、修行先の鹿島での予選を勝ち抜き、大会に出場することになった。


「感想」

父子で剣客の物語と聞けば、時代小説ファンなら池波正太郎の「剣客商売」を最初に思い浮かべるかもしれません。しかし、本書密命も「剣客商売」に負けず劣らずの傑作。しかも、密命はまだ続いているので、近い将来には「剣客商売」を越える評価を得ている可能性を秘めた作品なのです。

密命シリーズだけでなく、佐伯泰英自身も池波正太郎を越えた作家といわれるくらい、これからも頑張って貰いたいと思います。






◇70・《 江戸時代の剣豪小説(32) 》

吉原の利権に権力の欲が噛み付いた!


佐伯泰英 
吉原裏同心 4
清掻
光文社文庫
2004年7月20日出版


清掻―吉原裏同心〈4〉 (光文社時代小説文庫)
清掻―吉原裏同心〈4〉 (光文社時代小説文庫)佐伯 泰英


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆

「シリーズ」

江戸時代の権力者は、いい評判と悪い評判を併せ持つ人が多かったようです。しかし、中には、悪い評判しか持たない権力者少なからずいます。水野忠邦や柳沢吉保が有名ですが、本書に登場する徳川治済の、その悪名では負けません。

さまざまな時代小説に登場している徳川治済。本書でも悪役として個性を発揮していますが、悪役以外読んだことのない稀有な人物です。


「あらすじ」

吉原面番所に新任の同心が配属され、会所の閉鎖が命じられた。治安を守る人がいなくなった吉原は、引ったくりやスリが横行してしまう。

専横を極める同心の背後には、吉原の利権を狙う徳川治済が見え隠れする。神守幹次郎と汀女は、吉原を守るため、探索を開始する。


「感想」

本シリーズの最大の魅力は、神守幹次郎と汀女の人柄にあります。毅然としながらも優しさがある汀女と穏やかなのに、いざことが起こると果敢に立ち上がる神守幹次郎。2人の会話や行動が、色と欲にまみれた吉原の中で、明るく輝いています。

神守幹次郎と汀女の2人さえいれば、どんな内容でもいい。そんな風にさえ思わしてくれるほど2人は魅力にあふれています。


◇69・《 江戸時代の剣豪小説(31) 》

一時的に解き放たれた囚人が戻ってこない! 
影二郎に犯人逮捕の命が下る


佐伯泰英 
夏目影二郎始末旅 3
破牢狩り
光文社文庫
2001年5月20日出版


破牢狩り (光文社時代小説文庫)破牢狩り (光文社時代小説文庫)
佐伯 泰英

光文社 2001-05
売り上げランキング : 77286

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆

「シリーズ」

夏目影二郎始末旅は、3巻目の本作から日文文庫から光文社文庫に移り、本格的にシリーズ化しました。また、夏目影二郎始末旅という副題も実は本作からスタートしたものです。

出版社が変わっても、夏目影二郎が日本各地を旅しながら悪人を倒すというストーリーは同じです。特に本作は、物語のほとんどが移動。一所にじっとしていることはありません。

影二郎と一緒に江戸時代を旅しているような気がする本シリーズ。でもこんな剣呑な旅は御免ですが。


「あらすじ」

江戸の牢内に火が入り、囚人たちの解放ちが決まった。3以内に指定の場所に戻ることを条件に、刑の減免付きで放たれた囚人たちだったのだが、6人が戻ってこなかった。

6名の中には、公金横領の罪で捕まっていた男も含まれていたのだが、そのお金は行方不明。公儀が懸命に事件を追っている最中だったのだ。

夏目影二郎は、父の勘定奉行の密命を受け、破牢の6人と公金の行方を追うのだった。


「感想」

テレビの時代劇では、頻繁に破牢を扱った物語が出てきますが、よく考えたら理不尽な話です。ただ戻ってくるだけで罪が減じられるなんて、囚人にとって有利すぎ。しかも、犯人逮捕が難しかった時代、本書のように戻ってこなかった囚人もいたはずです。

実際に高野長英のような例もありますし、牢の近くに住んでいた人は、火事の恐怖に戦々恐々の毎日を送っていたと考えられます。もうちょっとしっかりした制度なかったのではとつい考えてしまいます。

◇68・《 江戸時代の剣豪小説(30) 》

旧藩に最大の危機が! 惣三郎が颯爽と立ち上がる


佐伯泰英 
密命 6
密命・一期一殺
凶刃
祥伝社文庫
2002年2月20日出版


兇刃―密命・一期一殺
兇刃―密命・一期一殺佐伯 泰英


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆

「シリーズ」

江戸時代を舞台にした時代小説では、決して相容れない宿命のライバルという存在があります。「徳川家光」と「徳川忠長」。「田沼意次」と「松平定信」、「鳥居耀蔵」と「遠山金四郎」などがその代表格です。

しかし、一番有名なライバルは、なんといっても「徳川吉宗」と「徳川宗春」ではないかと思います。本書密命でも、この2人の関係が物語のキーポイントとなっています。

密命だけでなく、他の時代小説でも「徳川吉宗」と「徳川宗春」はよく登場しますし、詳しく関係を知るとより面白くなります。一度史実から調べたほうがいいかもしれません。


「あらすじ」

金杉惣三郎の元に、突然旧藩からの使者が届いた。旧主の側室にきりしたんばてれんの疑いがかかったというのだ。旧藩を救うため立ち上がる惣三郎だったのだが、惣三郎に立ち塞がるように続々と刺客が現れるのだった。

惣三郎は、そして旧藩の運命は、命をかけた戦いが始まった。


「感想」

シリーズも6冊目。キャラクターたちの個性も確立して物語が充実してきた感があります。

ただ本作は、シリーズの分岐点となる作品。次の巻と本書では大きく異なるところが出てくる上に、金杉惣三郎のキャラクターも微妙に変化していきます。これまでのような惣三郎の活躍が楽しめる最後の作品となっています。




◇67・《 江戸時代の剣豪小説(29) 》

吉原に権力者の影が忍びよる!


佐伯泰英 
吉原裏同心 3
見番
光文社文庫
2004年1月20日出版


見番―吉原裏同心〈3〉 (光文社時代小説文庫)
見番―吉原裏同心〈3〉 (光文社時代小説文庫)佐伯 泰英


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆

「シリーズ」

色と欲が渦巻いている吉原は、絶えず騒動が繰り広げてられていました。これほど騒動が多いのは、広いお江戸でも町奉行所と吉原だけでしょう。

そんな吉原が小説の舞台にならないはずありません。今までも数々の吉原が舞台の名作小説が誕生していましたが、本作は最高傑作の予感がプンプンしています。吉原裏同心が吉原小説で一番の傑作という評価になるのも遠くないのかもしれません。


「あらすじ」

天明6年。将軍家治の逝去で、田沼意次が失脚。吉原も営業停止となってしまった。そんな中、廓内で2人の女郎が殺されるという事件が起こる。吉原の頭領・四郎兵衛は、さっそく神守幹次郎に事件探察の命を出した。

幹次郎は、2人を直接手にかけた犯人を突き止め成敗するが、事件はこれで終わりではなかった。


「感想」

本書を読んだ感想は、あってもおかしくないというものでした。吉原は、その誕生から幕府と強い繋がりを持ってましたし、1日で動くお金もたぶん江戸で一番だったのではないかと思います。

時の権力者がほっとくわけありません。表ざたになっていませんが、本書のようなストーリーが実際に起こっていても全然おかしくありません。

吉原の闇の深さが実感できるような興味深い作品でした。

◇66・《 江戸時代の剣豪小説(28) 》

影二郎に真の敵が登場!


佐伯泰英 
夏目影二郎始末旅 4
妖怪狩り
光文社文庫
2001年11月20日出版


妖怪狩り (光文社時代小説文庫)
妖怪狩り (光文社時代小説文庫)佐伯 泰英 Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★★☆

「シリーズ」

本書の題名は妖怪狩り。妖怪という言葉は、歴史上の人物をさしているのですが、ある程度時代小説を読んでいる方はすぐわかってしまうのかもしれません。妖怪は鳥居耀蔵(とりいようぞう)のこと。耀蔵は受領名を甲斐守といい、耀蔵のようと甲斐守のかいから妖怪というあだ名がついたそうです。

鳥居耀蔵が敵として登場した夏目影二郎始末旅。これから、もっともっと面白くなっていきそうです。


「あらすじ」

国定忠治が江戸で押し込み強盗を働いた。夏目影二郎は、即座に偽者の仕業だときずき、本物の忠治と合うための上州へと旅立った。

国定忠治と合い、大きな陰謀に巻き込まれていること知った影二郎は、事件の陰に見え隠れする鳥居耀蔵の影を突き止めるのだった。


「感想」

1巻・2巻は、個別の事件だったのですが、光文社に移って2作目となる本作からシリーズを通した敵が出てきます。その敵が鳥居耀蔵とは。見事なキャスティングです。

時代小説には、田沼意次や松平定信、柳沢吉保などよく悪役として登場する人物が居るのですが、悪役としてしか登場することのない人物は鳥居耀蔵以外にはいないのかもしれません。それほど、鳥居耀蔵が悪役として魅力がある人物なのでしょうが、悪役が魅力的だと物語はより面白くなります。夏目影二郎始末旅の今後がますます楽しみです。

◇65・《 江戸時代の剣豪小説(27) 》

江戸の町壊滅を狙う賊に、惣三郎の正義の剣が振り下ろされる


佐伯泰英 
密命 5
密命・紅蓮剣
火頭
祥伝社文庫
2001年8月5日出版


火頭―密命・紅蓮剣 (祥伝社文庫)
火頭―密命・紅蓮剣 (祥伝社文庫)佐伯 泰英


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆

「シリーズ」

佐伯作品は、基本的に作中のキャラクターが年齢を重ねていきます。「御宿かわせみ」「鬼平犯科帳」も同じで、時代小説では作品の現実性を高めるためによく使われる手法です。

しかし、シリーズ化を考えていない作品にこの手法を使ってしまうと、ストーリに重大な制約ができてしまうことがあります。本書「密命」は、その典型的なパターン。主人公の年齢が高くなりすぎて物語に支障をきたしています。

その支障を佐伯泰英がどのように解決したのかは、7巻以降を読んでいただければわかります。


「あらすじ」

大店を狙う盗賊が江戸の町に現れた。押し入った家の家人を皆殺しにした上に、火付けまでおこなう凶悪な盗賊だった。町奉行所懸命に賊を追うのだか、焼け跡に残された「火頭の歌右衛門」という名前以外、手掛かりがまったくない状態だった。

時を同じくして、大岡越前は、江戸町火消しの再編中だったのだが、「火頭の歌右衛門」のせいで頓挫しかけていた。

江戸の町を恐怖に陥れる賊に対して、大岡の懐刀・金杉惣三郎が立ち上がった。


「感想」

江戸時代の庶民にとって、一番恐ろしいことが火事だったようです。特に江戸の町は、人家が密集している上に、現代代のように耐火構造の素材もなかったため火に対して大変弱い町だったようです。火付け犯の処罰が、市中引き回しの上、打ち首獄門というもっとも重い刑だったこともうなずけます。

本書は、そんな火事の恐怖をストーリに取り入れた作品。江戸時代の火事に対する考え方がわからないと理解できないのかもしれません。

時代小説は、江戸時代の文化や考え方を理解すれば、今まで以上に楽しめる作品なのです。



calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM