<< ◇49・《 江戸時代の剣豪小説(19) 》 | main | ◇51・《 江戸時代のその他(2) 》 >>

スポンサーサイト

  • 2008.04.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


◇50・《 江戸時代の青春小説(2) 》

大人になりかけた青年が試練に立ち向かう


浅黄斑 
無茶の勘兵衛 2
火蛾の舞
二見時代小説文庫
2006年11月25日出版


火蛾の舞―無茶の勘兵衛日月録〈2〉 (二見時代小説文庫)
火蛾の舞―無茶の勘兵衛日月録〈2〉 (二見時代小説文庫)浅黄 斑


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★★★★☆


「作家」

推理小説家が時代小説を書くと、どうしても捕物帳などの謎解き話になりがちですが、浅黄斑の書く時代小説は違いました。本書は、教養時代小説とも自己形成小説ともうたってある通り、若き武士が成長してしく姿を追った小説。時代小説と青春小説に推理小説の要素を加えたような作品です。推理小説では収まりきれなかった浅黄斑の筆力が垣間見れる作品でした。


「あらすじ」

お家騒動もようやく解決。落合家の家督を継いだばかりの「無茶勘」こと落合勘兵衛は、落ち着いた日々を送りながらも、どこか寂しさを感じていた。友が続々と江戸へ出仕し、どこか取り残されたような気がしていたのだった。
だが、そんな勘兵衛に突然江戸行きの命がくだる。喜びを隠しきれない勘兵衛だったのだが、江戸で待っていたのは、陰謀と剣呑な日々であった。


「感想・解説」

前作より少し大人になった勘兵衛が江戸で大活躍といいたいところですが、残念ながら他の作品の主人公よりも若さが目だってしまいます。しかしながら、その若さが本書の魅力。ストーリーを追ううちに、徐々に成長する勘兵衛の姿を見るという青春小説ならでは面白さが味わえました。時代小説と青春小説、2つが見事に組み合わさった本作が、面白くないわけありません。

時代小説ファンだけでなく、現代小説ファンにも楽しめる作品でした。



スポンサーサイト

  • 2008.04.17 Thursday
  • -
  • 10:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM