<< ◇5・《 江戸時代の捕物帳(2) 》 | main | ◇7・《 江戸時代のその他(1) 》 >>

スポンサーサイト

  • 2008.04.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


◇6・《 時代小説コラム 》

図書館の利用法


「時代小説を読破する」なんてことは出版数が多くてとても無理なのですが、特定の作家の時代小説ならできるのかもしれません。

文庫書き下ろしの作家や人気作家なら、再版されたり、文庫落ちしたりして比較的古い本でも購入することができます。ただ、人気作家でないのならハードカバーで出版されたまま絶版になっていることも多く、出版作をコンプリートすることは難しくなってきます。そこで、おススメするのが、図書館を利用して本を借りることです。

自分は、とある政令指定都市に住んでいるので、普通より図書館の環境が充実しているのかもしれませんが結構有効に利用しています。最近では、オンライン化もされていますので、取り寄せも簡単です。そこで、新刊を買って面白かった作家の絶版本を図書館でよく借りています。

また、文庫本はいいのですが、ハードカバーならお金もかかりますし、本を置いておくスペースもバカになりません。そこで自分は、文庫落ちするのを待って購入するこも多くあります。その時、どうしても最新刊が読みたくなったときにも、図書館は大変に便利になっています。 

ただ、図書館で本を読んでしまって本を購入しなくなれば、作家にも出版社にもほとんどお金が入らなくなります。お金が入らなくなることが続けば、時代小説が出版されなくなりかねません。図書館では、せいぜい絶版本を借りるていどにとどめておいたほうがいいでしょう。

スポンサーサイト

  • 2008.04.17 Thursday
  • -
  • 13:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM